スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れみむら-第二寄合-終了後のご挨拶




全参加者の皆様へ

2018/3/25(日)11:00~15:00にて
行われた
一次創作交流会
『れみのそうさくむら-第二寄合-』は
無事終了致しました。 
初寄合に引き続き天候に恵まれ、サークル様の欠席も殆ど無い大変有り難い日となり、
当日企画も前回を越える多くの方々にご参加頂きました。
更に沢山の差し入れまで頂き、その数は隅っこに寄せた演台に山になりそうな程でした。
ご来場の皆様、ご支援頂いた皆様へ心より御礼申し上げます。

準備期間はプライベートの方が特にハードなスケジュールであった為、 
疲れは溜まって居た様で帰った途端にぐっすりでした。 
空き時間での作業を積み重ねる断続的な準備となっていましたので、
自分のした事が後になって信用出来なくなり、申込受付をはじめとした重要部分では
何度も何度もチェックを入れた気がします。 二回目にして早くも試練でしたね。
当日まで気の抜けない毎日が続きました。

同時に『それでも出来るんだな』と確信を得た日でもありました。
勿論、参加者の皆様があってこそのれみむらであり村長である事が前提のお話で、
様々な点で私はまだまだ未熟な身でございますが、忙しない中でも今回の開催に至れた事は
今後のれみむらにとっても大きな意味がありました。これからもやっていけるでしょう。

私自身二回目の主催ということで当日は前回よりも遥かにリラックスしていたのですが、 
平均的な開催時間の中で、ご挨拶に伺いながら企画主導他諸々の対応を併行すると
それなりに時間がタイトで、立ち回りの面でまだまだ改善の余地がある第二寄合でした。
寄せられたアンケートでは企画や会場ムードを気に入って頂けたという声が非常に多く、
嬉しく思いました。今後の原動力にさせて頂きます。本当にありがとうございます。

一方で来場者を『もっと増やして欲しい』というお声もございました。
この点はれみむらの誕生前から村長が『長期的に付き合う課題』として見ている要素で、
『来場者がまだ足りないな』と思う感覚は間違いないと思います。
そもそもイベント自体が若いというのもありますが、それは今だから言える事。
れみむらのコンセプト・ムード・参加者の皆様を守りながらどうやってそこに繋げるか、
なかなか難しい課題ではありますが、しっかりと向き合っていこうと考えています。

木寸キャラ抽選会に投稿された全20キャラクターをはじめ、
らくがきノート等のご観覧は公式サイトにてお願い致します。

今後ともれみむらを宜しくお願い致します。

IMG_20180330_0001.jpg サークル イルカゼ 様より頂きました。本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。